So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2011年05月04日 |2011年05月05日 ブログトップ

ビンラディン死体写真別人コラ疑惑検証 【アルカイダ】 [ビンラディン]

注意!

本文の内容に、死体、血、武器などの精神有害な内容を含みます。未成年者、グロ耐性の無い人は ここから退出 してください。(Yahooに飛びます)


ついに、ウサーマ・ビン・ラーディン(ビンラディン)が死亡した。

2011年5月2日(米国現地時間5月1日)、複数のメディアがビン・ラーディンが死亡したニュースを一斉に報道。オバマアメリカ大統領が会見を行い、ウサーマ・ビン・ラーディンが、パキスタンの首都イスラマバードから約100km北東にある地方都市アボッターバードの潜伏先と見られていた豪邸で、アメリカ軍の作戦により死亡したことを公式に確認した。

パキスタンの首都イスラマバードから約100km北東の都市アボッターバードの潜伏先を、アメリカ海軍の特殊部隊「Navy SEALs」の隊員25名が急襲。このSEALs隊員は、SEALsから派生した対テロリスト特殊部隊「DEVGRU」(デブグルー:海軍特殊戦開発グループ:旧Seal Team6)ということだ。

隊員たちはヘリコプター4機に分乗し、午前1時ごろ潜伏先であった邸宅を急襲、約40分の銃撃戦ののち邸宅を制圧し、頭部を撃たれて死亡したビン・ラーディンの遺体を回収した。 

ビン・ラーディンの遺体はDNA型鑑定の照合で本人と確認された。埋葬地が「テロリストの聖地となるのを防ぐため」アラビア海上の空母カール・ヴィンソンから水葬された。

しかし、アメリカ軍以外の第三者による遺体確認はされていない。

遺体確認はされていない?これはどういうことなんだ?

日本の某TVで放映されたビンラディンの死体画像はこれ。 

これは、ボカシすぎでわからないですね。この元画像は、イスラエルの情報機関からの物がパキスタンの政府関係者経由で発表されたという、この画像。

んー。これはもうご臨終ですね。

とーこーろーがっ!!

某巨大掲示板で、この画像がコラではないかという意見が。どうも、顔の上半分と下半分が違うというのだ。さて、どういうものか。


いやぁ!これは!

そしてついに・・・顔の上半分の元画像が。


アッーーーーーーー!別人じゃん。

さらに検証画像。

これはすごい!というか、よくこれを見抜くものだ。

動画サイト(未成年はダメ)


だがまて、この画像は日本のTVニュースでも流されたのだから、出所もはっきりしていて信憑性は問題ないはず。それが、明らかにコラだったということになるのだが。誰が何の目的でこのような情報を流したのか・・これは、危険な領域に近づいている気がする。

ビンラディンは、アメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされているが、その活動の初期は、必ずしも反米というものでもなかった。ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻時には、アフガンゲリラ諸派とともにムジャーヒディーンとしてアメリカの支援を受けていたともいう。アメリカの掲げる「テロとの戦い」には悪役の存在が不可欠であり、込入った思惑が渦巻いているという指摘もあるらしい。

事実がどうなのかは、われわれの知る由もないところではあるが・・

気になるのは、ビンラディンを崇める人たちが報復テロを起こすのではないか、と危惧されている点だ。日本でも警戒が強められているという。こうなると他人事ではない。

今後の情報に注目したい。









ビンラディン生存?射殺死体写真は別人フォトショのコラ!? [ビンラディン]

注意!

本文の内容に、死体、血、武器などの精神有害な内容を含みます。未成年者、グロ耐性の無い人は ここから退出 してください。(Yahooに飛びます)


ついに、ウサーマ・ビン・ラーディン(ビンラディン)が死亡した。

2011年5月2日(米国現地時間5月1日)、複数のメディアがビン・ラーディンが死亡したニュースを一斉に報道。オバマアメリカ大統領が会見を行い、ウサーマ・ビン・ラーディンが、パキスタンの首都イスラマバードから約100km北東にある地方都市アボッターバードの潜伏先と見られていた豪邸で、アメリカ軍の作戦により死亡したことを公式に確認した。

パキスタンの首都イスラマバードから約100km北東の都市アボッターバードの潜伏先を、アメリカ海軍の特殊部隊「Navy SEALs」の隊員25名が急襲。このSEALs隊員は、SEALsから派生した対テロリスト特殊部隊「DEVGRU」(デブグルー:海軍特殊戦開発グループ:旧Seal Team6)ということだ。

隊員たちはヘリコプター4機に分乗し、午前1時ごろ潜伏先であった邸宅を急襲、約40分の銃撃戦ののち邸宅を制圧し、頭部を撃たれて死亡したビン・ラーディンの遺体を回収した。 

ビン・ラーディンの遺体はDNA型鑑定の照合で本人と確認された。埋葬地が「テロリストの聖地となるのを防ぐため」アラビア海上の空母カール・ヴィンソンから水葬された。

しかし、アメリカ軍以外の第三者による遺体確認はされていない。

遺体確認はされていない?これはどういうことなんだ?

日本の某TVで放映されたビンラディンの死体画像はこれ。 

これは、ボカシすぎでわからないですね。この元画像は、イスラエルの情報機関からの物がパキスタンの政府関係者経由で発表されたという、この画像。

んー。これはもうご臨終ですね。

とーこーろーがっ!!

某巨大掲示板で、この画像がコラではないかという意見が。どうも、顔の上半分と下半分が違うというのだ。さて、どういうものか。


いやぁ!これは!

そしてついに・・・顔の上半分の元画像が。


アッーーーーーーー!別人じゃん。

さらに検証画像。

これはすごい!というか、よくこれを見抜くものだ。

動画サイト(未成年はダメ)


だがまて、この画像は日本のTVニュースでも流されたのだから、出所もはっきりしていて信憑性は問題ないはず。それが、明らかにコラだったということになるのだが。誰が何の目的でこのような情報を流したのか・・これは、危険な領域に近づいている気がする。

ビンラディンは、アメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされているが、その活動の初期は、必ずしも反米というものでもなかった。ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻時には、アフガンゲリラ諸派とともにムジャーヒディーンとしてアメリカの支援を受けていたともいう。アメリカの掲げる「テロとの戦い」には悪役の存在が不可欠であり、込入った思惑が渦巻いているという指摘もあるらしい。

事実がどうなのかは、われわれの知る由もないところではあるが・・

気になるのは、ビンラディンを崇める人たちが報復テロを起こすのではないか、と危惧されている点だ。日本でも警戒が強められているという。こうなると他人事ではない。

今後の情報に注目したい。









-| 2011年05月04日 |2011年05月05日 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。